スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山川夫妻の講演会へ

今日、あれこれ予定があったにも拘らず引き寄せられる様に
山川紘矢さんの講演会に行って来た。二年前、ご夫婦の25周年
記念の講演会で知り合ったRちゃんとともに。

山川さんのお話は基本的にいつも同じ事を話されるのだけれど
毎回、初めて聞く様に一つ一つのキーワードが心に響く。
普遍的なメッセージはシンプルでかつ力を持つのだな。

真のスピリチュアルの在り方は
自立し自分の生に責任を持つという事。全ては自分が創り出した
現実である事を知る事。

自分が何者であるかという事を求め続ける事。

自分が今何を感じ考えているかということを観ている自分を
知る事。それがエゴの自分と宇宙と一つである自分を知る方法。
考えている脳は自分ではなく、自分の道具である事に気づくと
そのこともわかってくるでしょう。

もう闘っている場合ではない。協力して共有して行く世界。
人はそのままでいいのだ。

他者を変える事はできない、ただその人を受容する事しか
できないのです。そして、同時に自分もそのまま受け入れる
ということが肝心。
他者は自分の鏡であり、そして自分の一部でもあるのです。
私達一人一人が神の使いで、完璧な存在であるということを
信頼すること。

全ては原因があって、結果がある。
悪い事が起きているのではなく、必要なことが起きているのだ。
過去の自分が今の自分を創り、そして今の自分が未来の自分を
作る。故に、皆自分の人生に責任を持つ事が大切なのだ。
神は全てを許してくれます、なぜなら皆が自分の人生に責任を
持っている訳だから。自分から切り離された神があなたの
人生を創り出している訳ではないのですから。

全てを受容して、そして最後は感謝。
ここに至る事が、この道の先にあることなのでしょう。

時々、辛辣なお言葉も混じりつつ、でも真実を語られてた。
神の存在の大きさを心身魂で実感されているのでしょう~
なにか、心のスペースが伸びやかになった感じがする。

最後、亜希子さんが少しバトンタッチしてお話してくれた。
この一年で手放した「エゴ」お陰でとても軽やかになられたと。
本当に晴れやかに話されていた。

自分が「大事」と思っている事、それは案外エゴの産物かも
しれないな。誰かの為に何かをする事ももしかしたら。
誰かの為に唯一できること、それは本当に丸ごとその人を受容
することかもしれない。それが愛するという事なのだなきっと。

まずは、自分を丸ごと受容する所から全ては始まる。

お二人の存在に本当に感謝です。




謹賀新年 2012

2012年がとうとうやってきましたね。
いわゆるニューエイジやスピリチュアルという世界ではこの
年はキーワードのように語られてきました。そして、2011年には
それを裏付けるかのような出来事が次々と起きましたね。

日本では東北大震災と福島の原発事故を経験し、
中東ではこれまでの独裁者が一掃される「アラブの春」が起き
欧米では経済と金融の世界が揺さぶられ、ここ数年押し進めて
きたグローバライゼーションに人々の不信が募りました。
タイの洪水、ニュージーランドやトルコの地震、そして最後に
金正日氏の逝去と、ほんとに大きな潮流が世界中に巻き起こって
いるように思います。

2012年が地球規模で節目となることを証明するような一年だった
ように思います。

Revealed-隠されたものが明らかになる。

私に取って、2011年の助走から始まり今年にかけて流れるエネルギーは
この言葉に尽きます。

これまで、体裁を保てたものが無理になる。

それは、ぞっとするほど恐ろしい事もあり、また魂が震えるほどに
感激する事もありました。振り子が大きく振れるほどにその両極端な
真実が明らかになってきたように思います。

そんな活動がこの宇宙、地球、人々の意識の底で起きているの
でしょう。恐らく、これまでの宇宙の歴史の中ではこのような事は
何度となく繰り返されたかもしれません。宇宙時間から比べたら
点のような人間の一生という時間を考えた時には、とてつもない
大きなエネルギーの潮流を感じています。

今年ほど、一年の終わりと始まりのエッジがあいまいだった年は
なかったと思います。それは、たかだか年号が変わるだけでリセット
できるような流れではないからだろうと思うのです。

恐らく、隠されたものの蓋は開いたばかり。
しっかりと、大地を踏みしめて、大空の果てに向かって呼吸をする。
じっと今という時間を見つめ、そして一つ一つ選択をしながら
新しい世界を自分たちで創り出していくために積み上げていきたいと
思います。

2012年、人々と、地上の生きとし生けるもの達、地球、そしてこの
宇宙の意識が一つの軸で繋がります様に。平和の種が一人一人の中で
発芽し、育ててゆけます様に。

ジュディス・ボーンのフィンドホーンワークショップ

フィンドホーンよりゲストが来日します。
ほんの短い時間ですが、ここ東京でフィンドホーンの
エッセンスを凝縮して味わえるワークショップが開催されます!

50年の歴史を持ち、いまだ変容をし続けるフィンドホーンと
ともに生きるジュディスに是非、出会いにいらしてください。


Judith Bone Workshop
(ジュディス・ボーン ワークショップ)
in Tokyo 2011 Autumn

Living Life Fully(自分自身を生きる)

3月11日の大災害以降、日本は根底から大きく揺さぶられました。
あたりまえだと思っていた日常を失ったことに、そして物質的な
豊かさで自分をごまかしていたことに、私たちは今、気付き
はじめています。混沌とした状況の中で私たちは、「何のために
生きているのだろう?なぜ、生きていたいと願うのだろう?」
という、大切な問いかけに直面しています。このワークショップは、
ジュディスとともに「それぞれの人が持つ豊かな個性や才能を生かし、
生きる目的を見つけ、それを通して世界とつながっていく方法を
見つけること」を目指します。

Judith Bone(ジュディス・ボーン)

私は1981年に初めてフィンドホーンを訪れ、1週間の体験週間で
人生が変わりました。振り返るとすべてが導かれていたように
感じます。それは、私たちの精神的なあり方や、本質的存在、
現実などの、より深い理解と経験を導いてくれるものでした。
私は、フィンドホーンの精神的な原則が、ここで成長してきた
私の存在の一部になっていることを感じます。  
                                
ジュディス・ボーン:20年以上フィンドホーンに在住し、主要
メンバーの一人として、フィンドホーン財団の教育部門で活躍中。
セイクレッドダンスの指導者でもある。知性あふれ、優しく
暖かい人柄は多くの人に愛されている。

日時:11月3日(祝)午後1時~4時

場所:財団法人 早稲田奉仕園・リバティホール
   ※奉仕園へのお問合せはご遠慮ください
   (東京都新宿区西早稲田2-3-1)

アクセス:東京メトロ東西線 早稲田駅より(徒歩約5分)
     東京メトロ副都心線 西早稲田駅より(徒歩約10分)

※会場への地図:http://www.hoshien.or.jp/map/map.html

定員:40名(先着順)

通訳:渡辺 雅子 

参加費 4,000円 
  
ワークショップ内容 (内容は変更になる場合があります)

★トークセッション:
 
 フィンドホーン・スピリットや世界との調和について

★Living Life Fullyセッション:
 
 ダンスや歌、瞑想などを通して、ほんとうの願いや
 生きる意味などを探していきます

★コミュニケートセッション:
 
 ジュディスへの質問や懇談など

★トランスフォーメーションゲームのエッセンス体験:
 
 フィンドホーン生まれのゲーム形式の自己探求方法です。

 
<申込方法>

下記にお振込の上、メール又はファクスにてお申し込み下さい。

振込先:三菱東京UFJ銀行 池袋西口支店 普通預金4894147
     ユウハカン コンドウフサコ 

お申し込み・お問合せ:近藤 総子

    Eメール:yuuha_kan@yahoo.co.jp
    FAX :03-3973-6606
    携帯  :080-1110-6960
            
※件名に「11/3ワークショップ申込」と記入、お名前(フリガナ)、
連絡先、 振込日をお知らせ下さい。折り返し確認のご連絡を致します。

天遊組の3.11~文字に刻まれた記憶と始まり~

ついこの間まで、熱帯夜をどうやりすごすかを考えていたのに
もう、すっかり秋の風。窓も閉め切って、羽毛布団をかけて
寝られる幸せ。いい季節が始まりました。

さて、回遊魚はこの秋もあれこれと予定がありましてお知らせ
日記。

今年も古代文字アート集団・天遊組の秋の展覧会が開催されます。
11回目となるこの度のテーマは、やはり3.11。この大きな節目
を私達はどう、迎えたか。そこで、何が自分の中に起きたのか。
そして、今伝えたいメッセージは?

これまでの展覧会とは、また違う角度で自分達のココロと向き合い
ながらそれぞれに、作品を仕上げてきました。今回は共作はなく、
ココロの風景を一人一人の作品をみなさんにお届けします。

毎日、いつものようにライブ書きを会場でしますが、今回は
初めて、夜、天王寺さんの境内をお借りしてライブを行うこと
になりました。

10月10日は満月。
お月様とともに、旅立った多くの命とそして残された者たちへ
の祈りを込めて、ライブ書きをいたします。

展覧会とライブの詳細はこちらをご覧下さい。

天遊組の3.11ハガキ
天遊組の3.11詳細

第11回古代文字アーティスト集団天遊組展
天遊組の3.11~文字に刻まれた記憶と始まり~

開催期間 2011年10月8日(土)~11日(火)
     10時~17時
開催場所 谷中・天王寺・上善堂
     JR日暮里駅南口より徒歩3分


10日のライブは入場券(1000円)が必要になります。

明日は展覧会前の最後の道場。
緊張感も高まってきました。お楽しみに!

毎度、この時期は谷中のアートリンク開催期間です。
町中がアートに溢れる時期。是非是非。お散歩がてら私達に
会いにいらしてください~

自由を求めて

昨夜、短大時代の恩師のギャラリーにて2006年に
不慮の事故で旅立たれた息子さんを偲ぶ5回目の回顧展に
出かけた。息子さんが繋いでくれたご縁で、ここ数年は
同級生達となんとなく日時を合わせて集まるようになった。

今回は私を含めて4人。それぞれ、たくましく母親となって
いる同級生達と先生と先生のご家族と賑やかな集いに。

思い出話からそれぞれの子育ての話や諸々、話は尽きなかった。
そんな中で、同級生の一人がぽつっと、かつて恩師から言われた
一言が未だに心に残っていると言った。その一言とは

『自由を得るには「力」が必要なんだよ。』

というもの。
なんか、ずーっとテーマになっているところの核心を突く
コトバ。

旅する建築家であり、漂いながらも数々の良質な作品を作る
その人は時間と空間の「自由」を巧みにあつかう。それは
場だけでなく、人と人との空間も。

学生時代から社会に根を生やすまでの20代、私はこの師の
影響をばっちりうけて旅をしては、漂う時間を得た。

でも、師のように「自由」を扱うなんてとてもできなかったな。
なんとなく、理由は漠然と分かっていたけれど、この一言が
明快に表している。

なるほどね。若い私にはその力がなかったのだな。
自分を信じて生き抜いていく力、そしてもちろん自分の中に
あるものを表に出していくなんらかのテクニック。

誰にでもきっとある大きな羽。その羽根を広げて自由に
羽ばたくにはそれを動かす筋肉や「飛ぶ!」という意志も
必要なのだよね。

漂うことから、根を張る時間を経て今。
いろんなことに夢中になる時間でもあったけれど、私は
この「力」をひたすら求めてきたのだと思う。

多分、究極の自由は肉体を離れる時なのかな。
それまでは、ひたすら求めていく時間なのかも。
でも、それが明らかに自由への道ならば、楽しめるなと。
そして、その自由がどんな感覚なのか、ワクワク
想像しながらね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。