スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪者を作らない

ホ・オポノポノを実践する中で思いついたこと。

つまり、「悪者をつくらないということ」だ。
これは本当に大切な事。

世の中には正義と悪が存在し、私たちはその正義を信じればこそ
悪を退治できると、どこかで本気で思っていると思う。だから
私たちは善きことを常に考え、行動する善き人にならなければならないと。

善き人であることの心地よさと、「正しい位置」に立っているという自信は
世の中では評価も受けるし、わかりやすいから思い悩む必要もない。

この気持ちよさは麻薬なんかよりもずっと中毒になりやすいかもしれない。

でも、よくよくその立っている位置を見直してみると、それは「悪者」が
その下に居る。つまり、「悪者」が善き人を支えているのだ。
善き人になるには、「悪者」が居ないと成立しない。よって善き人達は
「悪者」を作りだす。

学校の教室で、家庭の中で、会社で、そして国家間や民族の間で
繰り返し、繰り返し「悪者」を作り出してはその上に「正義」や「善人」が
生まれてきた。時には、自分自身を「悪者」にすることで、家庭や社会に
居場所を作り出すこともある。ちょっと辛いけど、それでもすくなくとも
善き人たちから、自分の存在を認めてもらえるから。哀しいけれど。

恐らく、この二元論をベースにしたまま世の中を見つめても何も変わらない。
一つ一つの存在をまず肯定してみる。そこから、始まるのだ。
ゼロになる、ということの第一歩かもしれない。
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアルライフな生き方 - ジャンル : ライフ

Comment

岩に染み入る・・・のは

3週間ぶりくらいに家でPCつけて、mixiから辿り着きました~e-343

ホ・オポノモノの言葉もこころにずっきんと来たけれど
「悪者をつくらない」という言葉は、今の私の心にしみじみと染みわたりました。

自分がどう立ち振舞っていいかずっと迷っていたけれど
すごーくすごーくヒントをもらえた気がする。

ありがとう。

ありがとう

立ち寄ってくださってありがとう。
なかなか難しいことだけれど、これを軸に
見直してみようと思うんだ。しゃおりんも
大変なところに居るものね。

やればやるほどホ・オポノポノの奥義は
深いぞよ~

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。