スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホ・オポノポノに出会う (1)

ハワイの古くから伝わる問題解決の方法、ホ・オポノポノ。

一年位前かハワイの精神医学の研究家であるイハレアカラ・ヒューレン
博士の触法精神障害者病棟での実践(「世界一風変わりなセラピスト」
下にリンクあり)についてのレポートを読んだ。

荒廃した患者や職員を誰一人診察することなく癒したという。
彼がしたことは患者のカルテを読んで、彼自身に内側に向き合い
その人の病気を創りだした「彼自身の責任」を見つめて彼自身を
改善することで患者達が治癒していったそうだ。

祈りの力はパワフルであることはこれまでも経験してきた。
ことに、他の人におきている問題に対してこれまで対峙してきた中で
最後はやはり、その人の生きる力を信じて祈るしかないとそうしてきた。

しかし、このレポートを読んだ時にもう一歩踏み込んだ関わり方が
あるということを知った。

ずっと気になっていたところにあの秋葉原の事件が起きた。
恐ろしいと思うと同時に、何かやるせない思いが湧き上がった。
犠牲者の方々のやるせなさと加害者のやるせなさと。
今、世の中で起きていることに対して自分はどう関わっているのかと。

もう少し知りたいと調べていくうちに博士の来日を知り、その講演会
へとでかけた。

世界一風変わりなセラピスト
スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアルライフな生き方 - ジャンル : ライフ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。