スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンドホーン*余韻と共に

フィンドホーンから戻り、すでに一ヶ月が過ぎた。

フィンドホーンの余韻はまだ続いている
でも、ふわふわしたものではなく、より現実感と共に。

今回のグループエンジェルは「Responsibility」。
「責任」と訳してしまうとちょっと重たいイメージだけれど、これは
『Ability to respond=ちゃんと応えられるチカラ』という意味。

以前、インドのダラムサラで

『Responsibility is compassion=責任とは慈悲である』

というダライ・ラマの言葉に出会って以来、「責任」という言葉の意味する
ところが私の中で大きく変わった。ねばならぬことをする、という受動的な
ものから愛するというごくシンプルな能動的なものにシフトしたのだ。

フィンドホーンの根底にある『Work is love in action=仕事とは愛を実践
すること』をまさに表す言葉の一つでもある。

そんな力強いエンジェルに見守られていたからか、今回ほどスピリチュアル
ということがいかに、日々の営みの中にあり、自分自身の中に答えを見つけ
そして人としてどう在るかということを求めていくことかを深く深く実感する
日々だった。

実はこのツアーの募集を始めた頃に、元フィンドホーンの住人だった
友人にお手伝い戴き、今回のツアー全体を通してのエンジェルを引いたら
『Faith=信頼』がやってきた。

Trustよりもより深いところでの信頼。
人生にかかわる大きな流れに対する信頼。
確かに、そんなクオリティーに導かれた体験週間だったかと思う。

起きてないことへの期待と心配は過剰になると『今』が遠ざかる。

やっぱり今なのだよね、今。
未来はぼんやり見えてればいいのだ。

目の前に起きていることと、共に在ること。
全てのプロセスを信頼すること。
自分の内なる言葉に正直になり、表現すること。
そして、自分の人生にまた世界の人と共有しているスペースに『責任=慈悲』
を持つこと。

力強く、しっかと根を張ったメッセージ。

いずれにしても、今という時間にフォーカスせねばならないようなイベントが
どんどん立ち上がり。またしても回遊魚生活へ。

でも、水族館の水槽でなく、海の中を泳いでいるようなそんな開放感がある
ワタシの「今」であります。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。