スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「スピリチュアル」ということ

『スピリチュアル』と言う言葉がここ数年、随分と市民権を得てきた。

「あなたもスピ系ですか?」 「私、スピリチュアルなんです~。」
なんてことを耳にすることも日常茶飯事になってきた。

とはいえ、全て肯定的なニュアンスではなく、まだまだいぶかしげに
「それってスピリチュアル?」などとちろっと横目で見られたりもする。

あるいは「私はスピリチュアルじゃないし~」とか「スピリチュアルは苦手で・・・」
と言われることも度々ある。

テレビ番組の影響で「オーラを読む」=スピリチュアルと捉えている方々も
多く居ると思う。あるいは、手からエネルギー出したり、過去生を見たりと、
何か特殊な能力の上に成り立つ現象というイメージなのかもしれない。

それは間違いではないけれどとても偏った一面だと私は思う。

私がここで使うスピリットという言葉が表わすものは
私たちの命の根源であり、生命活動そのもの。
夏の夜のお墓に出るヒトダマのようなカタチを持つものではなく、
全ての存在に流れる本質。

その本質と常に共に在ること、それがスピリチュアルに在るということだと思う。

最も分かりやすいスピリチュアルな行為は呼吸。
生きている以上呼吸をしなくては活動できない肉体を持つ身としては
苦手などとは言ってられないのである。

生きる事を考える時、あるいは自分の心と向き合う時、
それは全て「スピリチュアル」な活動だと私は思う。

神棚に祭るわけでもなく、怪しいものとして後ずさりするでもなく、
日々生きる日常に中にある淡々とした生命の営みとワンダーと共に、
『スピリチュアル』で在りたいと思う。


スポンサーサイト

テーマ : スピリチュアルライフな生き方 - ジャンル : ライフ

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。