スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最良の日、再び

無事にライブ終了!
雨の中、お越しいただきましたみなさまに心から感謝の一言!

準備から当日までいろんなハプニングもありましたけれど、それもどこかで
楽しめるような時間だった。もちろん、無事に終了したからだけれど。

企画している3人の踊り手が北海道、群馬、東京と離れていて
更に、今回の二部のキーパーソンとなる飯塚真紀さんはスペイン在住と
準備の段階でこの距離のためにすぐに集まれるわけでもなく
すべてはメール頼り。時にもどかしく思うこともあったのだけれども
逆に、それだからできることに絞ることができてよかったのかもしれない。

そして、そんなハンデやハプニングをものともしないメンバーの反射神経と
頼れるギタリストさん、やる時しっかりやってくれるカンタオールさん、
そして寄り添ってくれたパルメーラさんのお陰さま。

自分自身の踊りについては、いつものように正直者の私で
『やっちゃいました』顔してしまったけれど、開き直りも 手伝って、楽しかった~
みなさん、すんません

やっぱりアレグリアスが大好き!!と改めて。
できなかった足は精進するのみ。あとは、もっと自分の中のアレグリアスを
育てたいなあと思う。

今回は一部が踊り手三人のそれぞれのソロ。そして、二部はペーニャ
(愛好家の会)という形に。ヘレスという町で感じたおおらかなフラメンコの
空気感をお客さんと一緒に味わえたらと思って企画。とはいえ、実際どうなるか
わからないからどきどきだった。

しかし、そんなどきどきをよそに予想以上にお客様のノリが良くて、
最高に楽しかった~~~!

ああ、こんなことしたかったんだ~と思いながら舞台に立ち、お客さんからの
温かい空気を味わっていたな。

客席から舞台に普段着で上がってきて、それぞれの歌声やギターを披露して
くれた仲間やわが師匠。一人一人素敵で、主催者自ら『いいもの戴きました!』
という気持ちに・・・

また、けん引役の飯塚真紀さんの魔法にかかってフラメンコをまったく
やったことがない人もいつのまにブレリアのリズムの輪をつくり、その中で
一振り踊る。しかも一回じゃ収まらず、もう一回やりたい!という声もあったりして。

うまいとか下手ということでなく、私は今ここに居てすばらしい!というメッセージを
一人ひとりの方が表現してくれた。そして、その皆さんに対してそこに居たみんなが 
「オレ~!」と賞賛していた。感動。。。

愛するフラメンコの根っこにある何かをそこに居た人みんなで共有できたこと、
涙が出るくらいうれしかった。

みんなが繋がれるところを探って、複雑なフラメンコのリズムを シンプルに
伝えられる飯塚真紀さんの底力。 やっぱりすごいなあ。

企画したメンバーとはヘレスで出会い、たった一週間だったけれどフラメンコと
共に濃い時間を過ごし、5ヶ月を経て一つの舞台を創れたことで、それぞれの
ヘレスの時間を自分たちの中に刻み込むことができたかなと思う。

またしても、フラメンコやってて良かった~と思う一日となった。

友人が撮ってくれた写真より・・・

Artista

Alegrias

Bailaoras


次は9月3日、アルハムブラ!カルメラのライブ。よろしければ是非!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。