スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな渦も集まれば・・・

先週の土曜日。無事にスタジオ・ライブが終了。
予定通りお天気も良く、梅雨の晴れ間の週末となった。

ブログを見てお越しくださった方もあり、本当に感謝の一言に尽きる。

今年のタイトルは“Tornedo”=竜巻~
師匠がいつもイメージしているフラメンコのエネルギーがTornedo。
そして、師匠が踊るといつもTornedoが起きる。

で、それが今回のテーマ。しかし今回はスタジオの大御所メンバーが
都合で出られなかったりして、初ソロのメンバーを含む10名でこの
Tornedoを生み出せるのか~と、正直不安は満載だった。

でも、小さな渦も集まれば大きな渦になる。

一人一人の舞台の上の本気が、会場の皆さんとバックのアーティストと
呼応してどんどんと渦が大きくなっていった。仲間の欲目ももちろん加味
してるとはいえ、みんな私が踊るのだ!という気迫とともに、「今ココ」に立ち
それぞれの最高の瞬間を踊った。特に、初ソロのメンバーのその直向さと
潔さにはたくさんの感動と刺激を受け取った。

メンバーからのギフトのお陰で私自身、リハーサルまでめちゃめちゃだったのが、
本番が始まった途端にお腹から足に向ってじわーっとエネルギーが降りていくのを感じ、
靴の底と床がぴたっとする感覚を味わうことができた。

不思議と全体にゆったりと時間が流れていた。

職業として踊る身ではないけれど、後ろにアーティストを控え、一人舞台に
立つというのは毎回本気勝負。自意識や劣等感や自己評価との本気勝負。
外からのTornedoではなく、自分の内側からの沸き起こるTornedoに
乗れたなら、怖いものはない。毎回、そのせめぎ合いが私の中で起きる。
私にとって、本番はやはりスピリチュアル・プラクティスなのだな。

フラメンコをもっともっと深めたり、やりたいと思うことをやったりアーティストさん達
と気持ちよくセッションするためにはリズムのことやセンティードなどなど、
本当に終わりなき道を歩いてゆかねばならない。でも、完璧になるのを待ってたら
短い人生はすぐに終わってしまう。「今だ!」と思ったら立つ。それが何より
大切な一歩。そして、それが何よりもフラメンコなんだと思う。

発表会の度にフラメンコの魔法の粉をかけられる。。。またしても、一歩
深みへと踏み出した気がする・・・


スポンサーサイト

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。