スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

73歳の今ココ

この週末、北軽井沢の母の家で過ごした。そこに、母の高校時代の
同級生のおばさまが訪れてきた。

二人は高校時代からの友達で、かれこれ60年近いお付き合い。
それだけでも天晴れなのだけれど、つくづく尊敬するのは二人とも
73歳にして現役というところだ。

母は北軽井沢に住むカフェのオーナー、そしてフィンドホーンの
日本語体験週間のオーガナイザーであり、トランスフォーメーション
ゲームのファシリテーターでもある。次々と新しい人たちと出会い
世代関係なく友達になり、好奇心の向くままにさくさくと出かけていく。
そんな幅広い交遊関係を持つ母の周りには、母を慕う私と同世代や
もっと若い人たちが集って下さる。私はそんな母をたいしたものだと
思うし、尊敬もしているが若い皆さんが母に抱く感覚は実のところ
自分の親のことだけにあまり実感した事が無かった。

しかし、今回その母の同級生のおばさまに久しぶりに会い、お話しながら
思わず、私も70歳を過ぎた時にはこうありたいとつくづく感じた。

そのおばさま、現役のアマチュアジャズピアニスト。
ひょんなことから40代でエレクトーンを習い始め、50代でジャズピアノに
転向。興味の赴くままにあるバンドの公募に申し込んだことがきっかけで
演奏活動をはじめた。以来、アマチュアのピアニストとしてすでに20年
近いキャリアとなる。現在は5つのバンドに所属して毎日練習やライブの
演奏や鑑賞に忙しくしているとこのこと。

今回はその内の一つのバンドで10年以上も一緒に活動されている
30歳年下のお仲間の男性と一緒にやってきた。彼はプロの演奏家で
普段はミュージカルのオケピットに入って演奏したりしているそうだ。
あるとき、バンド仲間を探していたそのおばさまが、いきなりスカウトして
からのお付き合い。二人は他のメンバーと共に1920年代のスウィング
ジャズや映画音楽を中心に演奏しているそう。親子ほどの年の差が
あっても全く関係ない。音楽という共通言語を持つ二人の会話はそばで
聞いてても楽しくなる。

「私は生涯現役でいこうと思うのよ。」

と、さらりとおっしゃる。思わず、「私もそうなりた~い!!」と共感した。
こんな風に素敵に年を重ねている人に出会うといいようの無い勇気や
希望が湧いてくる。なるほど、これが母の周りに集う人たちの感覚なの
かも・・・と思った。

母とおばさまの会話も時折昔の話も交わりつつも、今それぞれが関心
あることを夢中になって話している。素直に、素敵だなと思った。

それぞれ、これまでに人生に楽しい事ばかりではなかった二人。今でも
その全てが解決したわけでもない。それなりの悩みを持ちつつも、でも
今ココのこの人生の時間を存分に楽しんでいる。「年の功」かもしれない
けれど、このお年だからこそ今、手にしている人生の時間の価値を人任せ
にせず、自分で創造することはそうそう容易い事でもないのではないか
と思う。

今日、私はまた一つ年を重ねた。この二人に比べたらまだまだ、若輩者で
足元にも及ばないけれど、これからの自分の人生の時間にワクワクしてくる。
踊っているのか歌っているのかわからないけれど、ほがらかに30年後も
現役でいるぞと一人、決意表明。

お二人ともどうぞ、長生きしてください。そしてお二人の存在に感謝します。
スポンサーサイト

テーマ : 幸せになる考え方 - ジャンル : 心と身体

Comment

No title

文章が、素晴らしい。大人の文体。敬服しました。
jiko

ありがとうございます~

Jikoさん

お褒めに預かり大変光栄でございますぅ・・・
素直な気持を書くことが大切なのでしょうね。。。
ありがとうございます。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。