スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当に望むものは・・・

一気に気温が下がり、既に11月上旬の気温だとか・・・・・
といっても、また上がってくるのかもしれないけれど。
明らかに気候変動が起きているのを感じる。

気候もそうだけれど、世の中も慌しく変わってきているこのごろ。
昨年の夏から始まったサブプライムの破綻に始まる連鎖的なアメリカ
の金融危機もかなり深刻になり、世界への波紋も広がりつつある。
恐らく、金融に携わる方々にとっては私などの想像を越すほどの
目まぐるしさや起きていることの深刻さを感じていらっしゃる事と思う。

先日、ロスアンジェルスに住む知人に起きた話はとても印象的だった。

彼女はアメリカに渡ったあと、結婚し子育てをし、そして離婚した。
その過程は決して楽なものではなく、大波小波をたくさん乗り越えて
きたけれども、今は息子さんも家庭を持ち、ご自身はアメリカでの教師
の資格を得て、カレッジなどで日本語を教えている。

数年前お会いした時に、緑に囲まれたとても素敵な家を買ったと。
話によれば一人で暮らすには随分大きな家で、(今思えばそれが
サブプライムローンで購入した家だった。)ずっと苦労が多かった方だけに
そうして心休まる家を手に入れたれた事を私も良かったなあと思っていた。
その家を維持するためにも忙しいけれども私立の高校でも教えることに
なってね・・・ととても楽しそうに話されていた。

しかし、昨年の秋に会った際に聞いた話は一転していた。きっかけに
ついては忘れてしまったが、ともかく蓋をあけたらローンの利率が跳ね上がり
とてもじゃないけれど月々の返済額が返済不可能な金額になっていたそうだ。
借り換えをしたり諸々の手を打ち破綻は避けたものの、その家に住みながら
の返済は厳しくなり、自分はもっとコンパクトな家に移り、大きな家を貸して
その家賃差額で返済しなくてはならなくなったと。

せっかく手に入れた家を手放すのは惜しかったけれど仕方が無い。
移転先を探し始めて間もなく、やはり木に囲まれたこじんまりした二階建て
のタウンハウスを発見!一目で気に入り、大家さんと直談判。最初は既に
借りてが決まり、更にキャンセル待ちの人がいたにもかかわらず、いろいろな
理由で彼女に権利が回ってきた。その家が決まると同時に彼女の家も条件が
ぴったりの借り手が付き、全て納まるところに納まり数ヶ月間の奔走もひとまず
一件落着。

ふと落ち着いて今回のプロセスを振り返った時に、大きな家に住んでいながら
それを維持するために猛烈に忙しい仕事に追われた日々を考えたそうだ。
無意識にその本末転倒を感じ、今回、彼女はもっとも大きな収入源だったけれど
忙しくストレスも非常に強かった私立高校を辞め、最低限の荷物だけ持って
そのタウンハウスに引っ越した。収入も減り、優雅な気分にさせてくれた物たち
や空間を手放し、シンプルに本当に必要なものしかない暮らしとなった。
しかし、とても身軽になり、何よりもココロの負担がすーっと軽くなった。
よくよく考えてみたら、ああ、これが自分が本当に望んでいた暮らしだったのかも
しれないと。結局、本当に望むものは手に入るのだと感じたそうだ。
これからは時間をかけてご自身のメソッドを元にした日本語のクラスや日本での
実質的な研修をするプログラムを組み込んだご自身のスクールを始めるのだそうだ。

確かに、世の中で伝えられているニュースだけを聞けばなにやらとっても
良くない事が起きているように感じられるけれど、知人に起きた話を聞きながら
「大変というのは大きく変わるということだけなんだよ。」と誰かに言われた事を
思い出した。大きく変わるときにはスムーズに行かない事もあるけれど、結局は
こちらの受け止め方次第で「大変」が「展開」にもなるわけだ。

「大変!大変!」と思ったら一呼吸。何がどう変わるのかな~と、ちょっと
ひいて見たら、きっとその先に新しい道があるのでしょう。
私たちは必ず本当に望んでいるものを手に入れることができるのだと思う。
ただ、なかなかそれが何なのかに気付かずにいるだけで。
スポンサーサイト

テーマ : 幸せになる考え方 - ジャンル : 心と身体

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さゆりさんありがとう

お気持ちのシェアをありがとうございました。
どうやって返信していいのかわからず・・・
ここにまずは、お礼だけお伝えしますね。

感謝。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。