スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポカラのちか子さん

ネパールの丁度中央あたりに、湖畔の町ポカラがある。
カトマンズについで多く旅人が集る場所。アンナプルナ峰の周囲を
周るトレッキングコースの入り口であり、カトマンズよりも人も車も
少なく、のんびりしているのでリゾート地としても知られる町だ。

私も何度か訪れた。トレッキングの疲れを癒すために、あるいは
地域開発のプロジェクトのフィールドワークだったりと、その度に目的が
違ったりしたけれど、いつも湖の静けさが迎えてくれた。

その町に一人、大切な友人がいる。

広島出身のちかこさん。Mum's Garden Resortのオーナー&おかみさん。
そして、ネパール人のご主人との間に生まれたミナちゃんのママでも
ある。たまたま人づてに聞いて訪れたのがこのホテルとの出会いだった。
そして、私はこのこじんまりとしたセンスのいいホテルに一目惚れをした。

ホテルのほめ言葉を述べれば尽きない。ポカラ周辺で採れる石を壁や
床に使い、ネパールで作られる陶器や綿織物などでインテリア・コーディ
ネートされた部屋はその土地としっくり馴染んで、気持ちがいい。
ネパールでは当たり前の小さい窓に鉄格子ではなく、大きな窓の
向こうにマチャプチャレが絵のように眺められる。ブーゲンビリアが咲く中庭で
お茶でもしようものなら、時間が止まったような感覚になる。

のんびりとしたネパールでは人懐こい人々とのふれあいに旅人は癒される。
しかし、そこに住んで、一緒に何かを作り、仕事をするとなると話は別だ。
ほとんどのことが思いとおり運ばない。書きつくせないほどの複雑な状況がある。
そんな場所でこのホテルを作り、経営をしている彼女はただただ凄い!と感心した。

朝ごはんを中庭で食べてると、ちかこさんが「いいですか?」と付き合ってくれた。
こんなホテルを作った人はどんな人なのかと興味深々でインタビューしたと思う。

最初の衝撃は同い年だった事。そして結婚していてもこの国でしっかり
経営者としての立場で滞在している事。そして、もう一つはご両親を既に亡くされて
いた事だった。淡々と語る彼女はとても落ち着いていて、自分の軸を持っていた。
30代前半期をもがいていた私のとってはガツンと来る出会いだった。
どちらかといえば細くて華奢な体つき。正に細腕一代記。かっちょいい!と思った。

その出会いから7-8年経ったかな。思い出したように連絡が来たりこちらがしたり。
ちかこさんはポカラで、私は東京でそれぞれの時間を過ごしている。

最近のブログで、彼女も本質的な世界への探求を深めている。
こんなにも環境の違う日常の中で、同じ方向を見つめて歩いている事を確認できる
のは本当に嬉しいと思うし励みでもある。

お互い日々忙しく過ごしているけれど、いつか時が満ちたときにそれぞれの時間を
持ち寄って、コラボレーションしたいと思っている。
スポンサーサイト

テーマ : 旅日記 - ジャンル : 旅行

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。