スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンドホーンとの新たな繋がり

2012年はいろんなレベルで変化を迎えた一年となったが
最後に一つ、とても嬉しい変化が訪れました。

母と共に今日フィンドホーンから日本のリソースパーソンの
一人としてお役目を戴くことに。本日、アチューンメントを
終了し、お仲間に入れて頂きました。

リソースパーソン(RP)とは、世界中に散らばるフィンドホーン
体験者の中で、自発的に啓蒙活動をそれぞれの生活する場で展開
するというコミットメントを約束している人たちです。
フィンドホーンに興味をもつ人たちにさまざまなサポートをする
お役目でもあり、「これをせよ」とい指揮命令の元ではなく
もちろん、あくまでも自発的なラブインアクション。

日本にも何人かいらして、それぞれにユニークな形で活動をされ
ています。

母、尚さんはツアーのオーガナイズに始まり、「心の扉を開く」
読書会、そしてトランスフォーメーションゲームのファシリテー
ターをここ10年余りの間、シンプルにその過程や結果を純粋に
楽しみながら展開して来ました。

私は私で自分の中のテーマと寄り添いながら2008年から3回
のツアーをオーガナイズ、またフィンドホーンのユニークな精神性
をなんとか、日本の方々にお伝えすべく言葉で表現してきました。

とっても嬉しい事に、こうしたこれまでのことを先人の方々に
しっかり受け止めて頂きこの度、日本でのRPの一員として新たな
コミットメントをさせて頂ける事になりました。

実際、行動はこれまでと特に変わる訳ではないけれど、
よりRespond - ability(応える力) = Responsibilityが深まり、
その分 Joy も大きくなる事でしょう。

しっかりとこの地に根をはり、あちこちから吹いてくる風には
しなやかに揺れながら、Findhorn anywhereを実現していきたいと
思います。

感謝と共に。

Expansiveness

今夜のアチューンメントでやってきたのは、気球に乗った「Expansiveness」
のエンジェルでした。風に乗って気持ちよーく広がり、広げてゆきたいです。




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。