スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

古代文字アートライブパフォーマンス for 青葉学園@福島

縁あって、この度福島県にある児童養護施設「青葉学園」への
支援を目的としたチャリティーイベントに古代文字アートの
ライブパフォーマンスで参加する事になりました。

311以降、私が日々行う活動において何かご縁が結ばれたら
参加してみたいと思っておりました。

この度、天遊組の仲間の一人がそのまたお仲間が今、熱心に
サポートをしているNPO法人「福島県の児童養護施設のこどもの
健康を考える会」の基金集めとしてライブパフォーマンスを企画し
私も参加させて頂くことにしました。

このNPOでは長期的な子ども達の健康管理と被爆での影響を継続的に
記録していくシステムを準備しています。残念ながら、長引く仮設
生活で児童養護施設に入所する子ども達は増えているそうです。
施設そのものの除染は当然のこと、入所している子ども達の実際の
状況を把握し、継続的な管理や健康指導など細やかで多岐にわたる
ケアが必要です。親の加護の元にない子ども達が後手に
回ってしまう現状をなんとかしようと活動されています。

きっと、私等には想像できない規模の支援が必要だと思います。
大海に一滴のしずくのようなことしかできないかもしれませんが
戴いたご縁をたぐりながら、今回は古代文字に思いを乗せて何か
お手伝い出来ればと思いました。今回は京都にて行います。
もし、ご都合がよろしければご参加いただければ幸いに存じます。

広瀬麻奈

     古代文字アーティスト集団 天遊組有志
 ライブパフォーマンス&福島の子ども達の詩の朗読会
 
〜放射能汚染から児童を守るためのチャリティーイベント〜

主 催* International Ambassador for Community Education &
Development (IAM.CED.org)
(NGO国際大使夫人機関サンフランシスコ本部/京都支部)

協 賛* NPO法人「福島県の児童養護施設の子どもの健康を守る会」
     代表 澤田和美/丸光恵

日 時* 2012年12月8日(土)

     一部 開場 12:00 開演 12:30~14:30
     二部 開場 15:30 開演 16:00~18:00

場 所* カフェ アートスペース
     〜京都御所の真ん前にある眺めの良いカフェです〜
     京都府京都市上京区春日町434-1 ナカノビル
     (地下鉄丸太町出口2ヨコ)

入場料* 各部2500円(コーヒー&お菓子付き)

内 容*  1.「青葉学園」現地視察報告
      2. 天遊組有志 ー 古代文字ワークショップ
      3. 福島の子ども達の詩の朗読と古代文字ライブパフォーマス

問合せ* 090−4224−0596(堺)
     広瀬までメールを下さっても結構です。
     himana☆gol.com (☆を@に変えて下さい。)

どうぞ、よろしくお願い申し上げます!
スポンサーサイト

フィンドホーン50周年セレブレーション

image.jpeg



フィンドホーンのコミュニーケーションデパートメント
(いわゆる広報部)のスタッフである靖子さんから今週末に
行われるセレブレーションのお知らせが届きました。

是非、みなさんもご一緒にフィンドホーンの大きな一つの
節目をお祝いいたしましょう。

そして、私たちのこれからのあり方をつかの間、静かな時間と共に
創造してゆきましょう。

〜〜以下靖子さんのメッセージ〜〜

日本の皆様へ

フィンドホーン50周年メディテーションへのお誘い

フィンドホーン財団コミュニティはこの11月17日で生誕50周年を
迎えます。この日に過去50年間を振り返り祝福をすると共に
これからの50年に夢を馳せるため、今週世界中から過去この地に
暮らした250人を超えるメンバーたちが集まっています。

1962年にピーター、アイリーン、ドロシーの3人がこの地で共同生活を
始めた際、ベースとなったのは強い決意、信頼そして愛でした。
フィンドホーンは魂、人類、自然の全てを含む生きとし生けるものを
招き入れ、ともに暮らし尊重する場所として発展してきました。

フィンドホーンは 平和・愛・美・喜びの中に、全てのものとのつながりを
意識しながら生きるという共通の夢に向け半世紀もの間様々な活動を
してきました。

これらのフィンドホーンのエッセンスは50年前も現在も変わらずに
生き続けています。このエッセンスをこれからも変わらずに大切にしていく
という決意を新たにするのに、50周年という節目はとても良い機会に
思われます。

11月17日現地時間午後9時にユニヴァーサル・ホールで瞑想が
行われます。瞑想をガイドするのはコミュニティの長期メンバーであり、
多くのメンバーから慕われているジュディ・マカリスター。
世界各地にいる数多くのフィンドホーン・ファミリーに、同時間に
瞑想に参加して頂きたいと思い、このお知らせをお送りしています。

瞑想のテーマは尊敬・感謝・祝福です。
過去・現在・未来の全てに感謝を捧げると共に、これからやって来る
更なる祝福に向け一人でも多くの方と共に瞑想をしたいと思って
おります。

瞑想に関するより詳しい情報は
www.findhorn.org/50thbirthdaymeditationをご覧ください。
(現時点では英語のみ)

11月17日午後6時(日本時間)に皆様と共に瞑想できることを楽しみしています。
どうぞ、皆さまのいらっしゃる場所どちらからでもご参加ください。

末筆ながら皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

フィンドホーン財団
コミュニケーション・デパートメント
高橋 靖子
with love & gratitude
yasko
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。