スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Primera Estorella

私の友人、まりあさんは京都に住む通訳ガイドさん。でも
もう一つの顔は、ジャズやボサノバを歌うボーカリスト。
お仕事では全国を回り、ライブは京都中心に活動している。

私と彼女は以前私が呼びかけたネパールのトレッキングで
出会った。山も好き、そして草の根の援助活動にも熱心な人。

彼女は震災後早々に被災地に入って、避難所のトイレ掃除から
始まり、今は石巻で通訳として外国人の方々のケアを中心に
ボランティアで活動中。

仕事とライブが在る時だけ抜けては戻るという時間を過ご
している。

先日、彼女が仙台で出会ったボサノバのミュージシャンとの
ご縁で、東京築地にあるMadeiraにて歌うということで出かけて
行った。

東北に行って慰問演奏するのも良いけれど、東北で活動する
アーティストを招いて、ここで元気になってもらって、その
元気と供に同じ想いを分かち合いながら、彼らが東北で活動
できるようにサポートするという趣旨のライブだった。

透明感のあるボサノバに、さまざまな想いが乗せられて
私達に届けられた。

それぞれのアーティストのエピソードが一つ一つ染みてくる。

まりりんは311の日は25人もの外国人グループを
益子にお連れしてたらしい。道路にバスを止め、一晩をそこで
過ごしたそう。その夜、大地はカオスを極めていながら
空には満点の星が輝き、それをイタリアやフランスから来て
いた皆さんがじっと見つめていたと。

あの夜は本当に星が美しかったという話は以前、被災者の方の
コメントでも読んだことがある。

このエピソードとこの歌がどうしてもリンクして、ぎゅっと心を
掴まれてしまった。

節電の為に、この夏、東京の夜には美しい月が輝いている。
夜空をあおぎながら、この詩を留めておきたくなった。

Primera Estorella  ~ 一番星 ~

一番星が見えた

空の一番星

まるで
神様が みんなに見てもらうために描いた絵のよう


たくさんの鳥たちが
夕焼けを告げる


世界は廻るよ

廻って
そして
太陽を隠し、月を出すのね



自然は美しい

この世で亡くなっても 命が続くと信じる

信念と愛を持てるひとは強い


兄弟よ、後で会いましょう

別の世界 または 別の次元で


姉妹よ、あなたたちを 永遠に愛します

心の奥底から・・・・
スポンサーサイト

7月5日付 池澤夏樹氏の朝日新聞夕刊のコラム

今日は社会派日記。
7月5日(火)の朝日新聞の夕刊に池澤さんの「終わりと始まり」という
定期的に書かれているコラムに、我が意を得たり!ということがかかれて
いました。朝刊を開くたびに、テレビのニュースを観るたびに、そして
あちこちで、なんとも虚しい気分になることが多かった中、このコラムに
救われました。共感してくださいとは、申しませんが、多分この記事を
読んで、私と同じように救われる人も居るのではないかと思い、ここに
転載します。長文ですが、きっと、頭の整理になると思います~。


以下、朝日新聞7月5日付夕刊 池澤夏樹氏「終わりと始まり」より転載


政治というもの、原理はわかっているつもりだ。
大は国家や国際機関から小は従業員数名の会社まで、
複数の人から成る共同体では誰かが代表となって
運営の方針を決めなければならない。その方針は
参加者みんなの総意を反映することが望ましい。

しかし人が十人いれば意見は十通りある。大人数なら
必ず党派ないし派閥ができる。意見を整理して総意を
まとめるプロセスが必要になる。そのプロセスのこと
を政治と呼ぶ。

代表に圧倒的な権力があれば政治は容易だろう。
多数の支持でその座に就いたのでもいいし、暴力で
それを得たのでもいい。ともかく反対意見を力で
封じて共同体を一定の方向に進めることができる。
(例として隆盛期のナチス・ドイツを挙げておこう)。

強力な指導者がいないと、政治の場は乱戦となる。
決定的な力を持たない指導者たちがボールを奪い合う。
審判はいるのかいないのか。国家レベルの政治の場合
混迷はいよいよ深くなって、時にはゴール・ポストが
逃げたりして、行く先はなかなか見えない。

菅直人の政府が迷走しているとメディアが伝える。
彼の性格に対する攻撃もずいぶん激しい。会ったことは
ないが、ひょっとしたら友人にしたくないような人なの
かもしれない。

明らかなのは、彼には圧倒的な支持はないということだ。
最盛期の小泉政権のような安定は望むべくもない。
さまざまな力が彼を首相の座から降ろそうとしている。
ポスト小泉の小型の首相たちはみな政権を投げだしたと
いうので批判された。今、菅首相は政権にしがみついて
いると批判されている。

政治はまず力である。産業界の求めるものと環境問題に
関心のある市民の求めるものは違う。その間で何らかの
結論を出さなければならない。互いに理性的に説得し合う
のは無理だから、露骨なパワーのバトルになる。見ていて
おもしろいからメディアは詳細に伝える。

外から見ればゲームだ。
名を成す政治家の多くはゲームに強い。発言のスタイルで
大衆の人気を博するタイプもいるし(例えば小泉淳一郎や
石原慎太郎)、裏からの工作で多くの議員をまとめて強い
派閥を作る者もいる(例えば小沢一郎)。

正直に言えと、ぼくはこの種のゲームに関心がない。勝敗の
行方を追うのはおもしろいとしても、国家は個人の資質に
よって左右されるにはあまりにも大きい。王政は暗愚な王が
出た時が悲惨だから消えたのではなかったか。

首相の性格はどうでもいい。政策だけで政治を見よう。

小泉政権がしたことはぼくは評価しない。生活保護世帯の
増加などで明らかなように、日本は所得格差が広まって
住みにくい国になった。

今、菅首相は「再生可能エネルギー特別措置法案」を
通そうとしている。この問題への彼の姿勢は一貫している。
初当選した翌々年の1982年に、衆院科学技術委員会で
再生可能エネルギーの普及を訴えた。

今回も5月6日には浜岡原発の停止を中部電力に申し入れ
10日には政府のエネルギー計画を白紙とした。送電事業を
電力会社から独立させる「発送電分離」に言及し、26日の
G8サミットでは一千万戸の家にソーラー・パネルを置くと
いう構想を発表した。

ぼくはどれにも賛成する。

その上であまり勘ぐりたくないと思いながら、この「政局の
混乱」というのは要するに、電力政策の転換への抵抗が理由
なのではないかと考える。主体は産業界、経済産業省、自民党
ならびに民主党の一部であるのだろう。

これはあまりに単純化した図式だ。すべてを敵と味方に分ける
のはまるでジョージ・ブッシュの世界観だと自分でも笑って
しまう。しかし、そう見ると納得できる部分があるのも確か
だし・・・などと思いは揺れるのだ。

このゲームにはメディアも参加している。週刊誌の見出しは
創意工夫の限りを尽くして菅直人の悪口を書いている。
悪辣で狡猾な人物だと言う。

しかし、悪辣で狡猾だろうがなかろうが、それはどうでも
いいのだ。彼には失策も多々あるだろう。溜飲を下げたいの
ならペテン師とでも何でも呼ぶがいい(ただし投げた泥は
自分にも返る)。

今、菅直人には罵詈雑言に耐えて電力政策の転換の基礎を
作ってほしい。策謀が必要ならそれも使い、とんでもない
人事も実行し、ぎりぎりまで居座り、改革を一歩進めてほしい。

なぜならば、福島の惨状を見れば明らかなとおり、原発には
未来はないからだ。ドイツとスイスとイタリアに次いで、
原子力からの賢明な撤退を選ぼう。

以上、転載ここまで。

夏のフラメンコライブ!お知らせ~

毎日暑い日が続きます。梅雨明けも間近となりましたね~。

明け方になると、ぐぐっと外のエネルギーが高まるのを
感じて、随分早起きになりました。

練習では、タオルが絞れるほどの汗。体の中からすっきり。
塩分、水分そしてスタミナをしっかり摂って、この夏もフラメンコで
熱い日々を過ごしたいと思います。どうぞ、ご一緒に!

*アルハムブラ・ペーニャライブ*

只今、フラメンコに没頭する練習生を中心にしたペーニャ・ライブ。
重なる仲間との練習を通して本番に向けてそれぞれ出来上がりつつ
あります!もちろん踊りますが、歌も歌ったり~。楽しいフィエスタ
となりそうです。

日時* 7月17日(日)1st. 18:00~ 2nd. 19:30~

会場* 西日暮里アルハムブラ
    荒川区西日暮里5-23-6 ホワイトハウスビル1階

出演* カンテ 森薫里 
    ギター 村瀬靖久 前田雅俊 石川広哉
    カホン 山角信行
    バイレ 会沢希久枝 小島典子 小森恵津子 佐中昌代
        中澤知子  中島恵美 宮崎明美  広瀬麻奈

料金* チャージは無料なのでレストランでの飲食代のみです。

予約* 直接お店にお願いいたします。 Tel:03-3806-5017

*Andaluza Selectos
En Ebisu Sala Andaluza*


昨年から度々乗っているスペイン人アーティストとの共演舞台。
カラダもハートもでっかいヘレサーノのアルティスタがこの夏も
やってきてくれました。彼らとは実はあの震災の翌日にライブを
予定しておりましたが、キャンセルに。今回はメンバーを一部変更
しつつ、リベンジライブです。

日時* 8月7日(日) 
1st. 18:00 Open 19:00 / Start 2nd 20:30 Open 21:00 Start

会場* 恵比寿サラ・アンダルーサ
    東京都渋谷区恵比寿1-16-28 TKビル1F

出演* カンテ ファニジョロ ギター イスマエル・エレデイア
    バイレ (一部) 井上あけみ 浅井美和子 甲斐みよこ 中島恵美
        (二部) 永田京子  広瀬麻奈  川島郁美  千葉亮子

料金* 各部券 2500円/通し券 4000円(ショーチャージのみ)
    お申し込みは広瀬までメールまたはお電話をください^^
    Mail: ola-mana-alegria☆ezweb.ne.jp (☆を@に変えて下さい。
    もしくは、このアドレスをクリックすると新規メールが立ち上がり
    ます) Tel: 090-3438-0268

チラシはこちら↓
http://iberia-j.com/files/live_schedules/201108/pdf_764834.pdf
        
9月は9日(金)に西日暮里アルハムブラ、15日(木)に
高円寺エスペランサで出演させていただくことになりました。
詳細はまた後日アップします。


ではでは、会場でお待ちしております
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。