スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月のライブのお知らせ

結構上手に時差ぼけを解消したと思ったのに、今朝はやたら早くに目が覚めた
もう一回寝ようと思ったら、今月控えているライブのことが頭に浮かび・・・
寝られなくなっちゃった。なので、お知らせ書く事に

今月控えているライブは、三つ。

一つ目は老舗エスペランサのタブラオライブ。
以前、師匠の特別企画で参加させて頂いて以来初めて。
今回は、一緒に踊る方々もギタリストの方々も初顔合わせ。
オーナーもフラメンコを長年愛し続けるアフィシオナード。
お客様もフラメンコを知る人が多い店。

にわかに、緊張感が高まっております

NYで得てきた刺激をしっかり体に落とし込んで、思い切り踊りたいぞ
ぜひぜひ応援よろしくお願いいたします。

タブラオライブ@カサ・デ・エスペランサ

日時 6月16日(木) Open 19:00 1st st. 20:00 2nd st. 21:15
会場 カサ・デ・エスペランサ@高円寺  Tel:03-3316-9493 (日中は03-3383-0246)
   JR中央線高円寺駅南口から徒歩10分
料金 4000円(ショーチャージ、1ドリンク、タパス、税込)
   *出演者割引券で500円OFFになります。お知らせください。
出演 ギター 片桐勝彦 江戸裕 カンテ 森薫里
   バイレ 水町祐子 小林朋子 広瀬麻奈


二つ目も昔からあるタブラオ、羽村エルムンドでのライブ。
こちらは、ソロではなくスタジオ仲間でパレハでのパートナー
甲斐さんと2人で踊ります。昨年末にアルハムブラにお誘い頂いた
ベテランバイレ、西野マユミさん他の方々との共演です。
学生時代に良く行った青梅。中央線に揺られて小旅行気分

フラメンコライブ@羽村エルムンド

日時 6月18日(土) 1st st. 19:00 2nd st. 20:30
会場 羽村エルムンド  Tel 042-554-7967
   JR青梅線羽村駅東口から徒歩1分
料金 ショーチャージ 1500円 他飲食代
出演 ギター 盛上俊介  カンテ 森薫里
   バイレ 西野マユミ 細島三奈 増井みどり 
       甲斐みよこ 広瀬麻奈


三つ目はスタジオ仲間の中島恵美ちゃんが教えている生徒さんの
発表会と合せて、恵美ちゃんと仲間達で応援ライブをやります。

Flamenco Live Papas y Los amigos maravillosos
@西日暮里アルハムブラ

日時 6月25日(土) Open 12:30 Start 13:00~
会場 西日暮里アルハムブラ Tel:03-3806-5017
   JR山手線西日暮里駅徒歩1分
料金 2500円(ワンドリンク付)
出演 ギター 伊藤シゲル カンテ 柏山美穂 カホン 藤田周
   バイレ Papas練習生 中島恵美 川島郁美 白川恵津子
       広瀬麻奈

さて、気合い入れて6月。駆け抜けます~
スポンサーサイト

Early Morning@Manhattan

先週金曜日にニューヨークへ到着して以来、誠に刺激的な日々を
過ごし、今日はすでに最後の日。

ホテルの前にあるBryant Parkはニューヨーク図書館の前にあり、
マンハッタンの喧噪を背後に聞きながら木漏れ日の中で朝ご飯が
食べられる。一昨日、グラウンド・ゼロに行った後、その場の
何とも言えないエネルギーにあたってしまい具合が悪くなったのだけど
この公園でお日様にあたり、緑の中で過ごしたら調子が良くなった。
まさに、都会の中のオアシス。

ニューヨークは初めてだけれど、なんとなく日々、丸の内に勤めてる
ためか、あまり違和感がない。でも、グラウンド・ゼロの周辺は何か
違ってたな。

先週の日曜日、今回の旅の目的であるJAPAN DAYのイベントが行われ
我らが天遊さんのジャズとのコラボライブ書きは大成功!観に来てくれた
方が早速You-Tubeにアップしてくれた。天遊さんの日記と共に・・・
http://ten-you.posterous.com/ny-thanks-ny

私は舞台の上でちょろちょろ動いている人(笑)
お陰さまで、即興で織りなす音と気配の渦の中に身を置く事が出来、
鳥肌ものだった。自分が踊るのと同じくらいのテンションが起きた。
小さな体で紙面に体当たりで書く迫力は、ビデオではなかなかわからない
かもしれないけれど、しびれた。

日本から何組がアーティストがそろい、楽屋もいい雰囲気。
その中に、懐かしのサーカスの皆さんも。79年のヒット曲
「アメリカンフィーリング」を歌われた時には、思わず歌詞が出てきて
自分で驚いた(笑)若くてパワフルなシンガーが登場した後、彼らが
出てきて歌い出した途端、鳥肌が。
完璧なハーモニーと、クレッシェンドの波が素晴らしく、やはり実力を
感じた。テレビで拝見しなくて久しいけれど、今ではそれぞれのライブ
活動などで歌い続けていらっしゃると。本物の音楽はちゃんと生き続ける
のだな、と改めて。

その他、NY在住のアーティストの方々等と出会い、みなさん敷居が低く
オープンに私達を歓迎してくださり、思いがけない豊かな時間を戴いた。

今回のこのイベントへ参加するきっかけも、とても素朴な出会いから。
戦略ではなく、素直にいいなと思う方向に歩いて行って出会うご縁が
繋がった旅。その旅の最中でも、更にご縁が繋がりまたこれが、未来の
時間を創ってゆくのでしょう。Pay it forward、戴いたギフトをまた他の
人へ。私も渡してゆきましょう。

今日で領事館での展示も終了。
最後の一日は、自由の女神を観に行こうかな。

JAPAN DAY@New York

本日のチャリティーライブは盛況の内終了!
チャージ分の19000円を赤十字社の義援金として寄付させて
戴きます。お越し下さった皆様、本当にありがとうございます。

お料理も美味しかったせいか、ライブが終わってからお客様も
我々も、しばらく盛り上がってきました。ライブより長い時間の
打ち上げ・・・良くあることだけど(笑)緊張から解放されて
ついつい、楽しくなってしまうのでした。

さて、帰ってきて、気持ちを切り替え、明日からのNY行きのパッキング。

今週日曜日にニューヨークのセントラルパールで行われるJAPAN DAYという
恒例のイベントに、私が所属する古代文字アート集団の主宰者である天遊さんが
公式アーティストとして招かれて、おっきな紙にライブパフォーマンスを
いたします。その後で領事館で、我々天遊組の仲間の作品と合せて展示会。

私はお手伝いで、初ニューヨーク~。こんなことも無いと、なかなか行かない
ので思い切って付いてゆく事に。

既に、色んな方々との出会いが準備されていてとても楽しみ。

回遊魚は本領発揮で回遊開始・・・やはり、これが私の自然なのかもなあと
一人つぶやいてみたりして。

ニューヨークにお知り合いの方があらば、どうぞお知らせくださいませ。

JAPAN DAYの公式サイトはこちらです。
http://japandaynyc.org/
天遊(代表者)のHPはこちらです。
http://www.ten-you.net/

北軽MANA HOUSE 準備日記

2日の夜から北軽井沢へ。
春が始まったばかりの北軽井沢は例年に比べて木々の芽吹きも
遅いよう。でも、この一週間で日ごとに唐松林がうっすら緑が濃くなり
落ち葉を掃いた庭には小さな芽吹きがそこここに。自然界の生命力は
凄い!と改めて感じる。

今年、やっと亡父から引き継いだ北軽井沢の山荘の改装を行う目処が
ついた。簡単に地元の工務店さんに頼んでちゃっちゃかやっても良かった
のだけれど、なんだかんだと自分の中の腑に落ちるまで3年かかった。

自分自身の子どものときからの夏の想い出、父がしまい込んでいた過去の
時間、そして私が知らない新しい家族との時間。そんなものがたくさん
詰まった家の片付けにはそれだけの時間が必要だったみたい。

今回、一番私の中で負荷がかかっていた父の蔵書を一気に片付けた。
大変ありがたい事に、片付け隊の仲間が集まって下さり、途方に暮れかけた
私の背中を押しながら、効率よくサポートしてくれた。こういう作業は
一人では本当につらいもの。感謝感謝!(皆様、本当にありがとう!!)

壁二面にぎっしり詰まった本の中には、文学全集の初版ものや、父が
仕事で使い古した辞書、また父の翻訳した本の在庫等、私としては
さくさく捨てられないものばかり。でも、そうやって迷っている間に
随分と痛めてしまった。何度もごめんなさいと言いながら、古本屋さんに
送るもの、資源ゴミで捨てるものに分けた。

地元の方がちょっと顔出して下さった時に、本の山を見つけて一部は
地元の小学校へ寄付する段取りをしてくれた。少しだけ、ほっとした。
本を捨てるのは、どうもすごく抵抗がある。その割に、大切に保管
できなかったのだけれど・・・

今回の改修の設計監修をお願いするのは、私のムサ美短大時代の師で
建築家である鈴木喜一氏。旅する建築家でありスケッチブック片手に
気がつくとふらっと旅している方。私が20年も前に彼から授業を受けて
いた頃、旅の中で出会った風景の中にとけ込む家やアノニマス(無名性の)
家に「家」の本質を見つけてしまい、建築家としての在り方に疑問を持ち
ながら大切なものを大切と言い続けながら、仕事を続けている。


改修工事もいろいろと手がけていて、自然素材や手仕事をできるだけ取り
入れる。敢えて声高に「エコ」と言わずとも、結果エコフレンドリーな
家に仕上げる。そんな、先生の塩梅が私の中でとても心地よい。
まさか、自分が師匠のクライアントになるとは思わなかったけれど、快く
引き受けて下さり、この冬から少しずつ準備が始まった。
打ち合わせを重ねながら、改めて授業を受けている気分になったりして。
(宿題もちゃんと出るし)

先日の打ち合わせで、この夏には工事ができるように動く事に。
やっと、迷走していた私のココロも定まってきた。

父の想いを引き継ぐつもりでいたのだけれど、やはり私が引き継いだ訳で
自分自身の為に新しい空間にしようと思う。願わくば、それが周りの仲間や
これから出会う仲間にとってもクリエイティブな時間を過ごせる場所に
なればと。

ほとんどの荷物を運び出してがらんとした空間が、どんな風に生まれ変わるのか
わくわくしてきた

それにしても、良く働いた連休だったなあ~ ふう。

鈴木喜一建築工房のサイト↓
http://www.ayumi-g.com/ks/ks.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。