スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

胃潰瘍が消えた!

先週末、二度目の胃カメラの検査で胃潰瘍が治っていた事を確認!
久々に晴れやかな気分になり、ここしばらく沸いてこなかった底力
みたいなものが、ぐぐっと沸いてきた。やはりカラダが傷むとココロも
しぼんでしまうのだなと~、改めて実感。

昨年の11月、何となく頻繁に胃の調子が悪くなるので検査をしたところ
ぼこっとクレーターの様な胃潰瘍ができていた。これまで病気らしい
病気などしてこなかったので、正直びっくり。数年前から疲れると胃が
もたれたり、痛んだりしていたのだけれど、それは胃潰瘍の前身の
慢性胃炎という状態だったらしい。

血液検査でピロリ菌もいることがわかり、ドクターの説明では原因は
ピロリ菌だよと。最近、このピロリ菌が胃潰瘍または胃がんの原因と
して注目され、それまでの「原因はストレス」という通説は説得力が
なくなったそうだ。

とはいえ、ピロリがいてもなんともならない人もいる訳で、もともとの
原因はピロリであっても、私の体内バランスが崩れてピロリの悪さを
しやすい環境を作ったのは確か。それには食生活を始め、心身のス
トレスもやはり影響した事と思う。ドクターは薬さえ飲めば大丈夫と
別段、他になんのアドバイスもなかったけれど、やはり日々の生活の
色んな面を見直さなくちゃと、ここ二ヶ月あまりは大好きな辛いものも、
コーヒーも控え、消化に良いものを中心に食べるようにし、お茶も
カフェインレスのハーブティーに変えてみた。そして、普段はできるだけ
薬は摂らないのだけれどドクターの言うことも聞いて、胃酸を調整する
胃潰瘍の特効薬(オメプラール)を朝晩飲んだ。

以前、アユールベーダの診断を受けた際に、私は『ピッタ・ヴァータ』
だった。『火』と『風』の質をもっているのだそう。辛いものを食べる事で
ピッタ(火)が過剰になり、必要以上に責任感を感じて、「やらねば~」
と活動してしまいがちになると言われた。体にとっても負担が大きいと。
しかし、大好きなものを制限するのは無理・・・と特に食べるものを変える
こともなくこれまで過ごしてきた。

それが、胃潰瘍に繋がるかはわからないけれど、二ヶ月余り養生し、
食生活を変えてみて、ふと自分の思考が以前よりもリラックスして落ち
着いたように感じた。あくまでも感覚だけれど、アドレナリンが沸いて
くる感覚があまりない。私にとって辛いものはやはり火に油みたいなもの
だったのかもしれない。全く食べないということではなく、やはり
程ほどが大事なのだろう。

よく、カラダが求めるものを食べるのが良いと聞くけれど、それが本当に
健全な生命活動に必要だからなのか、それとも一種の中毒なのか、何か
欠けたものを埋めるためなのかは見極めた方がいいのかもしれない。
たまごが先か鶏が先かということになるけれども食生活のバランスは
そのまま精神や思考にも影響するし、そして精神や思考によって食生活
も決まってくる。

この度、胃潰瘍になってこれまではあまり食べないようなものを食べたり
飲んだりする事で、新たな味の発見や食べ物の種類の幅も増えた。
刺激よりも滋味という感覚が何となく心地よい。この心地よさは胃潰瘍
がもたらしてくれたギフト。せっかくだから、今後もこの心地よさを軸に
日々の食事を楽しんでいきたいもの。

まずは、胃潰瘍に感謝しつつ、体をいたわりつつ。
スポンサーサイト

静かな期待

今日はいよいよオバマ大統領の誕生。

ブッシュ政権の8年間は世界を動かすエゴのパワーが表出した
時間だったなと思う。戦争を起こし、我々が見えないところで
巨万の富を得ながら正義を語る人たちは次にどんなビジョンを
見ているのか。

そこがとても気になるところだけれど、まずは創造的でポジティブ
な変化を望まずにはいられない。

闇は闇で追い払う事はできない。
光だけがそれを可能にする。
憎しみは憎しみで追い払う事はできない。
愛だけがそれを可能にする

by マーティン・ルーサー・キング

世界に真の平和がやってきますように。

新年明けましておめでとうございます

2009年 あけましておめでとうございます。

昨年の10月の宮崎への旅をしてからあちこちへ出かけていた
ものの、目まぐるしい刺激的な日々を言葉に落とす余裕もなく、
ついに年が空けてしまった。せっかく、今を大事にすべくこの日記を
始めたのに・・・と悔やんでも仕方なく、やはり『今ココから始めよう』
と思う。

昨年末、以前にここでも紹介したダンス・ワークのファイブ
リズムズの週末ワークショップが行なわれ、たっぷり二日間
5つのリズムの波に乗りながら、一年を振り返り心身魂の大掃除を
してきた。

既にこのワークは何度も受けており、ある程度のこの5つのリズムの
旅は経験してるのだけれど、やはり、その時その場の内なる『私』
から浮き上がってくるものは毎回違う。その新鮮さがやはり、この
ワークの醍醐味でもある。

二日間踊り倒し、何回かのファイブリズムズを通して内なる『私』と
『体』が一体化していく中でこの度経験したのは、「力が抜けていく」
という感覚。微細なレベルでの振動が体の深部で沸き、それが表に
伝わってくる。そして放つ。それを少し意識的に繰り返していく中で
これまでにない動きが生まれる。マインドの判断はもはやなくなり、
ただただ自由な体がそこにある。

そしてもう一つの気付き。

力が抜けても軸が残る。

力が抜けてへたへたと倒れることなく、私の体は自らバランスをとり
回転し、歩き、走り回る。そして、その場にいる23名という仲間と
お互いのスペースを確保しながら一つの場をつくる。

音楽は流れ、打ち、飛び跳ねて、ストンと『ココ』に落ちる。

一つのスペースに一人一人が美しい彫刻のように『今ココ』の自分
として存在する風景はやはり、何度みても感動する。

今回のティーチャーのSahajaさんからのメッセージは

Life is Mistery

2009年はどんな一年になるのでしょうか。目に見える世界は決して
平和ではないけれど、これも一人一人の心の平安から変わるはず。

皆様本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。