スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~旅日記~ 宮崎・日向にて

10月の最後の週末、友人が企画したイベントに参加するために宮崎は日向まで
出かけた。昨年、その友人が主宰するハワイアンフラ・スタジオの大きな発表会を
観に行ったのが初・日向体験。あの土地の空の広さと湿り気のある南国の柔らかい
風がとても気に入った。サーフィンのスポットでもあり、ハワイアンフラがとても馴染ん
でいる感じ。同時に、日本の神様の存在もあちこちに感じられるというなかなか面白
い土地だ。前回はその発表会の後に高千穂まで足を伸ばし、日本の古事記の神様
達と出会った。

友人は8年前にフィンドホーンの体験週間にも参加したことがあり、以来、フラはもち
ろん心や魂の世界と真摯に向き合ってきた。地元でのフラ教室として大きく成功も
していたが、昨年の発表会を期に教室を縮小して自分の学びの時間を増やし、更に
深いフラの精神の伝授と同時にフィンドホーンで得たLove in Action~全ての命
のつながりを尊重し、愛をもって行動する~ というメッセージを日向から発信して
いこうという方向転換を図った。その友人は実は還暦を越えているのだけれど、
そのエネルギーと前に進んでいく力は本当に脱帽ものだ。

土曜の朝早い便で宮崎に向かい、午後1時半からオートキャンプ場のロッジの中で
12人の輪ができた。地元から、そして逗子や神戸から集った仲間や初めてお会い
する方々が集り、フィンドホーンの体験週間で行なうセイクレッドダンスやゲームなど
をした。最初はちょっと緊張しててもすぐに童心に帰って遊び出しちゃうのがこのダン
スやゲームの楽しいところ。あっという間に打ち解ける。
ここで繋がったエネルギーはこの旅の間中参加した皆さんの中に回っていた。

夜は日向のお伊勢様と呼ばれる大御神社の宵祭りへ。海岸に面してあるこの神社
は岩肌にぶつかる波音が勇壮で、そしてとっても開放的。神様が座って海を眺めた
という神座やさざれ石がある。うっすら日が暮れた中で境内の真ん中に舞台がしつ
らえられていて御神体を中心に五色の布や竹で結界ができていた。徐々に人が
集りだし、我々も早速友人のご主人が席取りしていてくださった舞台前に陣取った。

この祭りの目玉は地元の有志の方々が舞う『天翔獅子』。この獅子舞は実は伝統
的なものというわけではない。現在の宮司様は毎朝海で禊をするのだが、約10年
前のある朝、禊を終えて空を見あげると旭日に染まる天空を翔る獅子をみたのだそ
うだ。それを御祭神の啓示と受け止め、この獅子を「天翔獅子」と命名し、獅子舞の
創作を始めたという。

金獅子、父親、母親と子供の親子獅子が二組、計7匹の獅子が次々に、時に
重々しく、時に猛々しく、時に可愛らしく舞う。テンポも速くとってもエネルギッシュ!
舞台を縦横無尽に使い、時には観客の間と飛びまわり厄難削除、開運招福を祈願
して頭をパクっと噛んでみたり。天翔獅子の魂が乗り移った舞手たちの躍動感が
腹に伝わってくる。私もしっかりパクッとしていただき大満足。
この10年、この宵祭りはいつも晴れ。獅子たちが雨雲を追い払うのかな。翌日は
待っていたように午後から雨が降ってきた。

今回の企画の軸にこの宵祭りがあった。日向に生まれ、日向の太陽の恵みの中で
育った友人がまずはここから始めたかったのがとてもよく分かった。この夜この獅子
舞を見て、歓喜する子供達にとって、この一夜の思い出がこの土地や家族、そして
町や町の人たちとの繋がりと愛を育むのではないかと思う。これぞ“Love in Action”の根っこ。

この宮司様や地元の皆さんの情熱は、一部の政治家さんたちが愛国心を育てる
ためにと日の丸掲揚や君が代の斉唱を強制させるよりもずっと有効なものではない
かと思う。国を愛する心は歓喜とともに足元から始まるのではないか。

祭りの後は、途中参加の方々も加わり宴となった。色んな世代のフラガール達が
代りばんこに踊る。私はフラ違いのフラメンコ。手拍子だけのバックだったけれど
気持ちで踊った!ちょっと照れたけど。祭りの夜は長い。5時おきで空港に向った
私は途中で退散したけれど、お酒の強い日向のフラガールたちの宴は続いたようだ。

また、好きな場所が増えちゃった。次の再会を楽しみに。。。
スポンサーサイト

テーマ : 旅日記 - ジャンル : 旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。